朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

がっちりマンデー キングジム 開発現場に潜入!TBS6月12日

スポンサードリンク

f:id:Tomy103103:20160613125827j:plain

6月12日のTBS『がっちりマンデー!!』は文具メーカーキングジムでした。事務系仕事を長くしていたので当然知ってます。テプラは良く使ってたね。これは気になるφ(^∇^ ) メモメモ♪

 

www.tbs.co.jp

 

キングジムは年間売上330億円の上場企業。

www.kingjim.co.jp

 

文具メーカーキングジムを支えるあの商品のヒミツに迫る!

キングジムが誇る最大のロングセラーはキングファイル!1954年発売60年以上売れ続け累計販売数5億冊。ずーと売れているのにはわけがある。

とじ具だけで62年間に20回以上細かい改良が施されている

  • 1964年とじ具の軽量化・・・110gの減量
  • 1975年両開きタイプへ変更・・・下に入れた書類が取り出しやすい
  • 1999年とじ具脱着式・・・分別ゴミに出しやすい
  • 地味で画期的な改良・・・とじ具の角を少し斜めにする事によりとじ具とカバーの隙間が減りスリム化

企業だと保存用のファイルはやっぱりキングファイルの場合が多いですね。言われてみれば確かに!古くなってるファイルはとじ具が長かったですね。こんなに何度も改良されている事に驚きです。使いやすさを追求した結果がこのロングセラーにつながっているんですね。

もう一つの儲かり大黒柱『テプラ』

テプラは1988年に発売されて以降累計900万台を突破。3000億円を売上た。

1988年テプラ発売。当時急速にワープロが普及しだし、アナログ文具だけじゃダメだと考え、電子文具を作る事にした。そこでファイルの背表紙の名前付けとしてラベルライターを考えた。キングファイルの背表紙に貼るラベル用の機械として開発開始。

初期型テプラ 16,800円 キレイ好きのOLさんたちに予想外の大好評!

 

ニーズに答えるラベルを開発

インデックスラベル・・・・ミシン目がついて見出しを整頓出来る

 

アイロンラベル・・・お子さんの名札に使える

マグネットラベル・・・ホワイトボード用

種類豊富なテープで凝り性女子のハートをがっちり掴んだテプラ。 

テプラ開発部ではラベルを開発した班は、新作ラベルが色んなテプラで問題なく印刷出来るか確認の為、地道な切って貼ってを繰り返し行っている。現在発売されているテプラのラベルの数は300種類以上。

テプラの名前の意味

  • Timely(いつでも)
  • asy(簡単に)
  • ortable(その場で)
  • apid(すぐに)
  • ffix(貼りつけられる)

 

★定番のテプラ

★女子文具も人気です。ガーリーテプラ

ガーリーテプラは文字も絵文字もガーリーで可愛い♪

www.kingjim.co.jp

★マスキングテーププリンター「こはる」♪

マスキングテープ専用のプリンターでオリジナルマステが作れます♪

www.kingjim.co.jp

 テプラは事務系の仕事をしていると必ず使うアイテムですよね。私もよく使っていましたが、テプラで作ったシールをマグネットに貼りつけたり、2枚作ってインデックスに貼りつけたりしていたので、こんなに便利なテープの種類が沢山あったのに驚きです  (☉w☉)

 

独創的な新商品を生み出すヒミツに迫る!

独創的な商品で勝負!

★デジタルメモポメラ 累計販売台数約30万台。パッと開くだけですぐメモ出来る。

www.kingjim.co.jp

 

★ショットノート 累計販売数約500万冊。ノートに書いた内容をスマホで撮ればスマホで管理出来る。

www.kingjim.co.jp

 

他社とは大きく違う開発会議

商品開発会議は三段階

〇第一段階の会議 否定はせず違った角度からアイデアを出し合いイケてないアイデアでも思わぬ商品に化けることがある。反応が良かったアイデアの細かい部分を考え第二段階の会議へ

〇第二段階の会議 商品開発部部長&開発本部長に報告。チェックする。商品が儲かるスキマを狙っているか判断する。

  • スキマ大 大手が参入
  • スキマ小 商品が売れない
  • 後発のスキマ 作っても儲からない

開発本部長の言葉:これを売ったら次は何があるの?ちょっとしたアイデア品なんていくらでも思いつくじゃない。でもそれってビジネスとは違うよね。

〇第三段階の会議 選び抜かれたアイデアが最終ステージを迎える。役員と「営業」「経営」「物流」など各部門の責任者と社長が出席。提案の9割以上を承認。売れるかどうか疑問に思うような商品が多い。最後に役員全員一致で通した事によって、仮に売れなくても担当者の責任じゃないとする。そのための会議。スキマ狙いのキングジム商品は10個に1個売れても上々。例え売れなくても連帯責任。失敗を恐れず斬新な発想で商品開発に取り組める。

 

番組中で応募者プレゼントになった小型パソコン

★ポータブック・・・小さなボディにコンパクトに折りたためるフルサイズのキーボードで使いやすくを実現したパソコン。

www.kingjim.co.jp

 

番組中で開発会議を通った目覚ましイヤホンが製品化されてました。

★めざましイヤホン

www.kingjim.co.jp

キングジムなんか面白そうだなと思ったら開発会議の話は非常に興味深かったです。経験豊富な人材が揃っていても売れるかどうか分からずに商品発売までしてしまうんですね。キングファイルとテプラの二本柱があるからこそ出来るチャレンジのようにも思います。

めざましイヤホンすでに製品化されててすごいなと思いました(゜∀゜)