朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

とと姉ちゃん126話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり

スポンサードリンク

126話あらすじ

第18週8月27日(土)「常子、子供たちの面倒をみる」

とと姉ちゃん あらすじ&感想リストはこちら←

とと姉ちゃん 出演者キャスト一覧はこちら←

  ※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

ちとせ製作所の社長が新しい商品を作ると約束してくれたと花山に報告する常子。18の時に母をなくした花山は苦労した母への思いもあり、主婦が家事という重労働から解放される為にも、不良品では無い良い品物が消費者の手に届くように商品試験を続けて行こうと気持ちを新たにする。

星野家を訪ねた常子。子供達の面倒をみる最後の日。しりとりをして遊ぶ。帰り際に「これからも必要であればこうしてまた・・・」と言いかける常子に「そこまで甘えられません」と断る星野。

家に帰った常子は「寂しい」と美子に弱音を吐く。

翌日からアイロンの商品試験が始まった。アイロンに慣れない男性社員では試験が思うようにはかどらないと困っていたら、康恵(梢)さんがやってきて、主婦仲間を紹介してくれる事になる。

 

感想

花山さんが命がけで商品試験をするのにはそんな理由があったんですね。謝る事が会社の代表の大きな仕事か・・・。

とともしりとり苦手だったね。星野さん家族といると、ととの思い出も良い感じに思い出されて、このまま家族になってしまえば良いのになぁと思いますが・・・。お世話の礼に金を渡そうとする星野さん。そこは何か品物だったら受け取ったかもしれないけどねぇ。昔と変わらず不器用なんだな。星野さんと常子の微妙な関係は持ち越しかぁ。気になる次週予告。