朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

とと姉ちゃん145話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり

とと姉ちゃん-あらすじ&感想
スポンサードリンク

145話あらすじ

第18週9月19日(月)「常子、大きな家を建てる」

とと姉ちゃん あらすじ&感想リストはこちら←

とと姉ちゃん 出演者キャスト一覧はこちら←

 

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

 昭和33年美子を嫁にだし目標の一つを叶えた常子。

昭和39年、東京オリンピックの年には大きな家を建てるという目標も叶え、妹夫婦達と一緒に暮らすようになっていた。

鞠子の娘、たまきは13歳になり、弟の潤が生まれておりすでに5歳。美子夫婦には娘の真由美が4歳となっていた。

美子は結婚し出産後も編集者として仕事を続けていました。「あなたの暮らし」は74号を発行し、80万部を超えていた。100万部まであと少し。

「あなたの暮らし出版」では綾も正社員として働くようになっていた。

君子かかは孫の為にお遊戯会の衣装を作ってあげる。衣装が完成し家族の前で披露していた晩、君子は倒れ入院してしまう。君子かかの体は癌にむしばまれていた。

 

追加キャスト

◆水田たまき役(蒔田彩珠)・・・水田家長女

 蒔田彩珠プロフィール

◆医師役(寺十 吾)

 tsumazuki no ishi プロフィール 寺十吾

◆水田潤役(山下心煌)・・・水田家長男

◆南真由美役(上杉美風)・・・南家長女

スマイルモンキー | 上杉 美風

 

感想

ドラマ上では数分で家を建てる目標まで達成してしまいました(ΘwΘ;)

こんな終盤に来てようやく綾さんを雇ってくれたんだね。戦後再会した時に雇ってくても良かったような・・・鉄郎オジ同様スケジュールが合わなかったんでしょうね。

サザエさんもビックリの大家族となりました。かかも体調が悪くなってしまい、鞠子は一人で家事をこなしているんでしょうか?たまきが手伝ってくれているのかな?

実際のモデルとなった大橋三姉妹も同居していたようで、住み込みの家政婦さんがいたようです。流石に大家族の家事を一人では厳しいですよね。