朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 10話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり  10月13日(木)

スポンサードリンク

第2週10月13日(木)「しあわせの形」

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

姉のゆりがお嫁に行ってしまい、すみれは婿に入ってくれるという人との結婚を決意するが、その相手は幼馴染の紀夫だった。

昭和18年(1943)

女学校を卒業したすみれは紀夫と結婚した。結婚式にはすみれの友人も来てくれ、良子も結婚し15歳年上の旦那さんと上手くいっている様子で、君枝もまた結婚が決まっていた。

坂東家に婿入りした紀夫は将来会社を継ぐために「坂東営業部」で働く事になった。

当時、神戸には多くの外国人が住んでいたが戦争の為、本国に帰る事を余儀なくされていた。ゆりとすみれが歩いていると、クリスティーナというドイツ人とばったり会い、英語が話せるゆりは外国の人とも交流がある様子。

数か月後、すみれに赤ちゃんが出来た事がわかり、それを聞いた紀夫は大声で叫び喜ぶ。

昭和19年(1944)3月

妊娠7カ月となったすみれ。紀夫のもとに召集令状が届く。

感想

今となっては良子ちゃんが言っていた好きになると目が見れないという言葉が頭をよぎり、すみれはまっすぐに紀夫君が見れるのに対して、紀夫君はすみれを見れないという・・・。

そういえば姉ゆりに来た見合いの相手が紀夫君じゃなかった事を考えると、子供の頃から紀夫君はすみれが将来の相手と聞かされていたのかな?と思ってしまう。

あさやさんの靴のマークめちゃくちゃカッコいい。

母はなさんが着たというウェディングドレス。1943年よりさらに20年以上前の話でしょうが、あの時代にウェディングドレス来てる人がいるとはなぁ。「あさが来た」であさが洋装していた事を考えるとあり得る事なのかな。

紀夫くんの「きっきっき綺麗です。」は良かった。不器用でも思ってる事を言うのと言わないのとでは雲泥の差。子供が出来て喜ぶ姿はなんだか不器用すぎて不憫。これまで貴族院議員の3男として生まれ厳しく育てられたせいなのかな?

 

今日出会ったドイツ人クリスティーナさんはアナンダさんが演じられています。