朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 11話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり  10月14日(金)

スポンサードリンク

 

第2週10月14日(金)「しあわせの形」

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

紀夫は我が子に会う前に召集令状が来てしまう。

出征前の夜、すみれは手作りの小さな裁縫道具袋を紀夫に渡す。紀夫は女の子が生まれたらさくらと名付けるよう言い残す。

翌日、家族に見送られ出征した。

昭和19年6月、すみれは無事に女の子を出産し名前をさくらとつけた。

ミルクも手に入らない、そんな中、再び外国人村を通りかかったすみれは、ドイツ人のクリスティーナに会う。もうすぐ国に帰るというクリスティーナからミルクをわけてもらった。そこでは、以前坂東家で働いていたマツの娘の明美が外国人相手に、子育て教室を開いていた。

感想

紀夫くん、話すのもままならないと思っていたら、しゃべりだすと良い言葉選びするんだな。お手紙は短めでしたが。

こんな状況でも忠さんと喜代さんは働いているままなんだ。金はあるけど食べ物が無い状況でしょうか。

孫が生まれる瞬間に間に合った五十八父はおじいちゃんに。

明美ちゃん看護師さんになって英語も話せるようになってたのか。すごい勉強したんだな。