朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 30話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり  11月5日(土)

べっぴんさん-あらすじ&感想
スポンサードリンク

第5週11月5日(土)「お父さまの背中」

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

すみれが潔の店を訪ねると、五十八は皆を引き連れ、闇市の元締め根本の所へ向かった。五十八は根本に「人から奪うのは違う、闇市で生き残る為には手と手を取り合う事が大事。誰もが安心して買い物に来れるように、健全な市場にする事だ。子供や孫が生きる未来を作るのはわしらだ。」と言う。

ベビーショップあさやにもどったすみれのもとに君枝が訪ねて来た。君枝は昭一に仕事の事が言えず、結局辞める事になった。すみれは大丈夫だと笑顔で君枝を送った。

感想

今回も五十八パパ名言集でした。

すみれの「大丈夫よ。」それは自分に言い聞かせているかのようで、とても切ない。あんな大きなパッチワークのテーブルクロス。手芸が得意でない明美と二人で大丈夫なはずが無いのに。なんて芯の強い子なんや(ノД`)・゜・。

私だったら明美ちゃんみたいに嫌みの一つや二ついやもっともっと言って送りだすに違いない。