朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 感想&あらすじ 63話 ~NHK朝ドラ※ネタバレあり  12月14日(水)

スポンサードリンク

第11週12月14日(水)「やるべきこと」

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

昭和23年(1948年)10月

キアリス大急百貨店出店まで1カ月を切り、縫い子さんチームは大忙し。すみれは大急百貨店を訪ね、担当の小山に売上予測を見せられ、ミシンの追加導入検討を余儀なくされていた。

一方「坂東営業部主催の大人のための洋裁教室」が再び開かれ、司会の紀夫はなんとか仕事をこなす事が出来た。

その夜、持病の腰痛が悪化した喜代が入院する事になってしまう。すみれは仕事と家事をしなければならなくなった。さくらは保育所に預ける事に。

感想

君枝ちゃん家の2階は10日間だけの貸出ではなかったのかしら?琴子さん許してくれたんだね。

手芸倶楽部をバカにしていた悦子様も縫いモノ手伝ってる (☉_☉)

明美ちゃん、夜食の差し入れ。これはますますほれてまうやつ。

ここにきて頼みの綱の喜代さんが倒れる。これは辛いなぁ。あれ?龍ちゃん保育所断られたんじゃなかったっけ?