朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 感想&あらすじ 73話 ~NHK朝ドラ※ネタバレあり  12月26日(月)

べっぴんさん-あらすじ&感想
スポンサードリンク

第13週12月26日(月)「いつものように」

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

坂東営業部を辞めてキアリスの経理に入った紀夫は、大急百貨店の大島社長の提案で「キアリス」を法人化する事にした。

誰が社長になるかもめたが、丁度訪ねて来た麻田に白羽の矢が立つ。「株式会社キアリス」設立に向け動き出した。

そんなある夜、いつもの居酒屋に集まった「男会」の面々。「キアリス」の妻たちが慣れ合いで仕事をしているのが気に入らない様子。「男会」は名前を改め「タノシカ」となった。

昭和24年4月

「株式会社キアリス」としてスタート初日。紀夫は朝礼する事とお互いを名字で呼ぶよう提案した。

感想

武ちゃん。一瞬の社長候補でした。麻田さん急に社長の持ち上げられて気の毒(*´Д`)=3

しかも社長なのにエプロン。エプロン社長(;´Д`)

実際にも、麻田さんのモデルになっている、モトヤ靴店店主の元田蓮氏が社長に就任していますね。

男会改め「タノシカ」だじゃれだし、奥さま方の名づけ方と同じだし。なんだかんだでパクリ。

紀夫君。坂東営業部の頃は蚊が鳴く様な声しか出して無かったのに、大きく挨拶したら気持ちえぇって( ・ω・);ストライキが起きそう予感。