朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 感想&あらすじ 115話 ~NHK朝ドラ※ネタバレあり  2月18日(土)

べっぴんさん-あらすじ&感想
スポンサードリンク

第20週2月18日(土)「旅立ちの時

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

さくらと健太郎が東京の大学に合格し、すみれと良子と君枝はそれぞれ子供たちに服を作る事にした。

『ジャズ喫茶ヨーソロー』で、[さくらと健太郎の合格祝い&忠さん喜代さんの旅立ちを祝う会]が開かれた。

武はたみ子と婚約し来年には結婚する事を発表。龍一も旅に出る事にした。

そして坂東家には夫婦水入らずの日が訪れた。 

感想

二郎さんは相変わらずドラムは続けていたんだね。こうしてみると好きな時にいつでもドラムが叩けるジャズ喫茶のマスター人生も悪くないな。

喜代さん(ノД`)・゜・。お幸せにね。

龍ちゃんみたいな人が意外と大物になるんだよね。

どさくさに紛れて、悦子様親子に抱きつこうとする小山。速効で拒否られている(ΘwΘ)

今日最終回だったかな?違うよね。

すみれと紀夫さん結婚して以来夫婦二人って初めてじゃない?