朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 感想&あらすじ 120話 ~NHK朝ドラ※ネタバレあり  2月24日(金)

べっぴんさん-あらすじ&感想
スポンサードリンク

第21週2月24日(金)「新世界へ、ようこそ

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

春になり、さくらと健太郎と阿部靖夫が新入社員として『キアリス』に入社した。新入社員研修は悦子が担当しスパルタ教育が始まった。すみれはそばでその様子を見守った。

勝二の『』名前の無い喫茶店がオープンした。

大急百貨店では大手商社『KADOSHO』の社長古門が挨拶に来ていた。そこで一緒にいたのはかつてキアリスで働いていた西城だった。

感想

阿部くん、キアリスの幹部の子供に挟まれやりづらいかと思いきや。真面目すぎる子だったのか(ΘwΘ)

悦子様想像以上のスパルタ。お辞儀に3日って(>_<)普通の会社なら辞める人が続出してないか?

勝二さんの「あるよぉ」は名前が無い看板。

西城くんまさかの再登場。酒癖は大丈夫でしょうか?

そして小山がだぁいきゅうの社長に (☉_☉) !!!!