朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

朝ドラ NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』ドラマ感想~テレビレコメンドを色々と♪

べっぴんさん 感想&あらすじ 135話 ~NHK朝ドラ※ネタバレあり  3月14日(火)

スポンサードリンク

 

第24週3月14日(火)「光の射す方へ

べっぴんさん 出演者/キャスト一覧はこちら←

べっぴんさん  あらすじ&感想リストはこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

キアリスガイドを映画化し、若い世代へのバトンを作る事にしたすみれ達。

映画の監督は紀夫、脚本は明美が担当する事になった。

そんなある日、英語のレッスンでゆりを訪ねた明美は居候していた栄輔に会い、勢いで脚本の手伝いをしてもらう事になる。

脚本が出来あがり、みんなに見てもらった明美が栄輔に手伝ってもらった事を言うと、栄輔にも映画作りを手伝ってもらう事になる。

映画の題名は「ようこそ赤ちゃん」に決まり、映画クランクインの日となった。

感想

先週までのつまらなさがウソみたいに楽しくなって来た。

やっぱすみれが中心じゃないと面白くないんだな。

キャメラマンのキャメダさん指パッチンすげー。

形から入る真面目なノーリー。指パッチン練習しハンチングをかぶる。そして武ちゃんとかぶる。

藍ちゃんを抱く栄輔さん。色々と思いだすよねぇ(ノД`)・゜・。