朝てれびゅー

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝てれびゅー

【ひよっこ】感想 あらすじ 朝の連続テレビ小説~テレビレコメンドを色々と♪

とと姉ちゃん154話 あらすじ&感想~NHK朝ドラ※ネタバレあり

スポンサードリンク

154話あらすじ

第18週9月29日(木)「花山、常子に礼を言う」

とと姉ちゃん あらすじ&感想リストはこちら←

とと姉ちゃん 出演者キャスト一覧はこちら←

※以下、ネタバレがありますのでご注意下さいm(__)m

昭和50年1月

次号の出版に向け、「あたなの暮し出版」のみんなは、会社と花山家を行き来して仕事を進めていた。花山の体調はかなり悪化していた。仕事で家に来ていた常子に、自分がなくなった後の雑誌のあとがきの口述筆記を頼んだ。それは広告を載せない「あたなの暮し」という雑誌がこれまでやってこれた事への読者に対するお礼のメッセージだった。

もし花山さんがいなくなったらどうしたら良いのか?と涙ながらに問いかける常子に、「大丈夫、27年一緒にやってきて、だいたい僕の考えと一緒だよ。悩んだ時は君の肩に語りかけろ。君に宿ってやるから。おい、花山!どうしたもんじゃろのぉ~。と」二人に笑みがこぼれる。そして、花山は次号の表紙のイラストを常子に渡した。それは初めて花山の絵を見た常子をイメージしたものだった。

感想

花山さんは何故あとがきに、読者に知人に紹介するよう載せたかったのかな。自分がいなくなった後の雑誌の行方が心配だったって事なのか・・・。

愛だなぁ。最後の力をふりしぼって手を振る姿がなんとも言えなかった。 

 

jp.pinterest.com